一級建築士設計製図試験|フリーハンドとの出会い

アイキャッチ

講師からすすめられる

当時の講師からすすめられたことでフリーハンドでの作図を始めました。定規を使わないフリーハンドは当時の製図学校で完全に異端でしたので、正直不安しかありませんでした。

フリーハンドは万人向けじゃない

フリーハンドは定規を使わないため、普通の作図とは全く違うテクニックが必要となります。講師は僕を見て「絵が上手だな」と思ったから完全フリーハンドをすすめてきたのであって、誰に対してもすすめてたわけじゃありません。

建築デッサンが上手な人向け

フリーハンドが向いている人は間違いなく「建築デッサンが上手な人」だと思います。建築デッサンもフリーハンドで行うことが多いですね。フリーハンドならではの直線の描き方になれていれば作図でも全く問題なく移行できると思います。

フリーハンドのテクニックはこちら

ヒヅメの製図方法紹介(フリーハンド編)

2018年5月12日

ヒヅメがフリーハンドで描いたスタンプはこちら

建築士試験のLINEスタンプ作っちゃいました

2018年12月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください