学歴があてにならない例

苦手な分野でサラリーマンをしていました

一級建築士試験を受けるよう上司が説得する時に「構造設計グループなんだから構造は得意だろう」とよく言われ、マンガに描いたような入社時の事を思い出しました。構造設計なんか何が楽しいんだよ、と大学時代に毒づいて、しかも赤点を取っていたくせに、その構造でご飯を食べるようになるんですから、何とかなるもんですね。ただし、その「何とかなる」というナメた姿勢が、今後受験中に何度も僕を痛めつけることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください