一級建築士設計製図試験|本番で上手く実力が出せなかった実例(中編)





前回からの続き。1年にたった1回しかない本番で、きちんと実力を出し切れなかった男のみじめな午後のお話です。ぼーぜんとしたままどんどんと時間が過ぎていき、その日の記憶がほとんどなくなります。実際、僕はこの年のことをほとんど覚えていないのです。次回はこうなってしまった原因を一気に振り返ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください