2年目の学科で実施した3つの基本事項

2年目の学科で実施した3つの基本事項

2年目の学科で実施した3つの基本事項があるんですけど、どこでも言われてる普通のことなんですよ。でも、ダイエット本とかどれもこれも同じこと、当たり前のこと言ってるじゃないですか。結局、普通のことをしっかりやると点数になるのかなと実感しました。

講義前に予習しておく

講義の時にどれだけ吸収出来るかが他の受験生と差を付ける分かれ目になるので予習は必須です。講義範囲をまるまる勉強して、過去問も解いておきました。講義で分かるところが出れば復習できますし、分からないところだらけで落ちこぼれることもありません。

早めの復習で勉強の3度塗り

分からないところ、分かっていたはずなのに間違えてしまったところ、そういった点は全てその日の内に復習しちゃいました。資格学校が8時半とか9時とかに終わるので、そのまま残って、遅い時は11時くらいまで復習してましたね。予習、講義、復習をその週のうちにやっちゃうことで記憶の定着を狙いました。ちなみに間違いが無く満点だったらテキストをさらっと読み直してサクッと帰っちゃいました。

フライングして勉強

第一回模試までの間に、講義では間に合わない範囲も全部フライングして勉強しちゃいます。通勤時に過去問を解いたり、テキストを読んだりしてフライングしてました。これはつまり第一回模試の予習をしておくということですね。第一回模試であんまりにも悪い点を取ると気分が凹むし、その日の復習が大変になり過ぎて、覚えきれないんですよね。

結果、落第生がクラス1位になりました

自分が100点を超える点数を取れたこと、結果としてクラス1位になったこと、どっちも本当にびっくりしました。それと同時にやる気がぎゅわんぎゅわんあふれ出てきたのを覚えています。どうせならいい結果出したいじゃないですか。皆さんも自分なりの勉強方法を磨いて結果が出ることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください