模試一位の人が感じていること

模試一位の人が感じていること

模試を受ける度、毎回学内1位になってる人っていませんでした?僕の時はいましたよー。毎回学内1位になってる人を見る度に「どうしたら1位になれるんだろう」「1位の人って合格が確実でいいよな」「1位の人ってどんな気持ちなんだろう」って思ってました。なので今回は、学内1位になった僕が感じていたことをちょっと書いてみます。

不安は尽きない

多くの人が自分の模試結果や勉強の進み具合等に不安を持ってると思いますが、それは学校内で1位だった僕も変わりませんでした。なぜかというと、不安は主観的な問題なので、点数という客観的な証拠では満たされない場合があるからです。結局は自分が自分を信じてあげないと、何位になっても不安は尽きないってことです。

むしろプレッシャーが凄い

1位のプレッシャーは凄いものがありましたよ、勝手に感じてただけですけど。せっかく1位になれたのに、「2位に転落したら試験も落ちる」とか「最後調子を崩して試験に落ちる」とかわけの分からないことを考えてました。後でクラスメイトに聞いたら「いつか1位を取ってやろうと狙ってた」と言ってたので、実際に圧迫感はあったんでしょうけど。

結局、悩む人は悩む

なので、どんな状況になっても悩む人は悩むんだと思います。でも、悩んでる時間って正直無駄な時間なので、悩んでる暇があったら勉強した方がいいですよね。ね、勉強しよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください