一級建築士資格学校で友達が出来る瞬間

資格学校で友達が出来る瞬間

資格学校は、その名の通り学校なので、友達が出来ることもあります。別に友達を作るために資格学校へ通うわけじゃありませんが、せっかくの機会ですし、同業他社の人達や普段は会えない職種の人達と知り合ってみるのも良いものですよ。では、どんな時に友達となりやすいのか僕の経験で書いてみます。

初対面の瞬間

資格学校とか関係なく、人と人の関係ですもん、初対面の瞬間に挨拶すれば知り合えます。隣の席に座っている人に一言「おはようございます」って言えばいいんです。とても簡単。

模試や試験の後

次に友達を作りやすいのは模試や試験の後です。学科試験の講習期間中、他の受講生との雑談はまずありませんでした。それが、学科試験を終えたという安堵感からか、お互い目が合った時にどちらかともなく話し始めてしまいました。今後、彼らも含めて、製図試験ではたくさんお話をするようになります。学科はひたすら黙々と勉強しますが、製図は人とわいわいしながら部活みたいに過ごせますよ!

製図講座開始時

製図講座が開始すると、みんなでわいわいと授業を進めることになります。お互いで添削しあったり、クラス内で講評しあったりと、学科と違って人と接する機会が増えるんです。一緒に同じ課題を進めていくという作業が、人と仲良くなるのにはとてもいい機会なんですよ。

まとめ

僕はここで知り合った友達のおかげで、本当にたくさん助けてもらい合格に導いてもらいました。それに学校に来ることが楽しみにもなっていました。人は一人だと限界があります。必ずしも友達が必要だとは言いませんが、せっかくの機会なので友達を作ってみてはどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください