一級建築士設計製図試験|落ち込んだ時の対処法




一級建築士試設計製図試験中に落ち込んだ時の対処法

一級建築士設計製図試験は、あまりにも過酷なので、上手く行かなかったり、思ったように進まないと、一部の人は落ち込み始めます。はい僕です。そして、最後には上手く行かない原因を他人の中せいにしてしまう人もいるのです。はい僕です。「先生にこんなひどいことを言われた」「面倒を見てくれなかった」「クラスメイトがみんなしょぼかった」まあほんといくらでも理由をあげられます。今日はそんな時の僕なりの対処法をご紹介します。

人のせいにすることは非生産的だと教え込む

みなさんもうお分かりでしょうけど、人のせいにしていたって、エスキスも作図も上手くならないんですよね。まずはその大前提を自分の中に染み込ませます。

どうしてもウジウジしたい時は時間を区切る

そうは言っても、ウジウジしたくなる時もあります。そういう時は時間を区切ってウジウジしましょう。これはきっちり時間を計って、延長は基本的に認めないようにしましょう。

何かをして忙しくする

例えば5分ウジウジしたら、コーヒーを飲む、外に出る、勉強を始める、寝る等他のことをして夢中になりましょう。そりゃ初めはウジウジを引っ張ってしまいますけど、何かを始めて夢中になってしまえばこっちのもんです。

まとめ

試験のまっ最中に、ウジウジと考える人はいません。だって忙しんですもん。犬と遊んでいる時に寂しくなる人はいません。だって楽しいんですもん。そういう気持ちは暇な時にしか来ないのです。少しウジウジしたら切り替えて忙しく過ごしましょう!

1 個のコメント

  • いつもブログを読んで励まされています。
    初年度の製図なんで、エスキスで苦労し、できる人を見て落ち込んでいました。
    でも、この記事見て頑張ろうって思えました。
    ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください