一級建築士設計製図試験|本番で上手く実力が出せなかった実例(前編)




多少の自信もあった2年目の本番

二度目の勉強をして、少し自信もついているはずの2年目の本番です。それがどういうワケかいつも通りの実力を出せません。エスキスの手順も遅い、作図も何かとモタついてしまう。やはり試験本番の緊張や、分らない設問による焦りなのか?と本番中は思っていました。

本試験の悪魔なんていない

本試験には悪魔がいる、などと言われますが、それは原因分析を放棄した言葉に過ぎません。僕の場合も振り返ってみれば理由は明確でした。また次回続きをお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください