製図の落ちこぼれ防止策


前回より

落ちこぼれた瞬間は突然来る

落ちこぼれた瞬間って、本人的には突然来ます。でも、本当は日々ちょっとずつだけ差が開いていってるんです。

  • 課題の読み取り力
  • プラン構成力
  • 記述パターンのバリエーション
  • 作図の省力化
  • などなど
    その時その時は小さな変化なので、人との差が気付きにくいんですが、ある時、開いた差の大きさに気が付きます。その瞬間こそが、落ちこぼれに気付いた瞬間なのです。

    小さな差の内に気付くには

    とにかく多くの人の作業や完成品を見ましょう。「まだクラスメイトも大したことないし、見なくていいや」等とは考えず、自分との差をきっちり見極めて、日々クラスメイトとの差に気付き、その度にキャッチアップしていくと良いですよ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください