学科試験を自己採点してる時の気持ち

間違いの量がやたら多く感じる

採点していく時は、間違いの量がやたら多く感じました。ああこれも間違えた、あああれも違ってる、やっぱりこれはこっちだったか。
そもそも直前に頑張ったくらいじゃ上手く行かないよな。そんな風に思いながら採点を終え、点数を見たら過去の模試より抜群に良い出来だったんですよ。

最終模試が66点とかで、「直前頑張れば20点は上がる」と資格学校には言われましたね。「いや、66+20じゃ86で合格に足らねーじゃん」って思ってふてくされてたのを覚えています。でも実際点数は上がりました、もがいてみるもんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください